イベントを読み込み中

FREE
EVENT

“無料イベント”
ホーム » イベント » CPDS認定学習 » <CPDS認定学習>「建設業」の業務効率化・標準化総点検
山形市 要予約
<CPDS認定学習>「建設業」の業務効率化・標準化総点検
開催
予定
日付

2024年06月11日(火)

募集期間/2024年05月13日 ~ 2024年06月11日

時間

13時30分 ~ 16時30分

●プログラム
〇オープニング(13:30~13:35)
Dropbox Japan
エンタープライズ営業本部 本部長
龍村 洋一氏

〇基調講演①(13:35~14:05)
「東北の企業にとってDXがなぜ必要なのか。」
七十七デジタルソリューションズ
コンサルティング支援部長
上野 洋介氏

〇基調講演②(14:05~14:40)
「持続可能な建設業の未来考察」
~ 長時間労働是正、担い手不足解消に向けたデジタル活用 ~
東北大学大学院 環境科学研究科
特任教授
高橋 弘氏

〇課題解決講演①(14:40~15:10)
「DX時代におけるデータ基盤の進化とサービス要件」
JBCC
上席執行役員 第三事業部 事業部長
三澤 憲史氏

「中堅企業に必要な勝ち残るためのDX基盤」
JBCC
ソリューション事業 ハイブリッドクラウド事業部 クラウドDX本部
コラボレーションエバンジェリスト
斎藤 晃介氏

〇休憩(15:10~15:20)

〇課題解決講演(15:20~15:50)
待ったなしの「建設DX」
~ 現場を圧倒的に効率化するDropbox ~
Dropbpx Japan
DX戦略室 室長
矢作 一樹氏

〇ゲスト講演(15:50~16:30)
Dropboxを導入したら、組織も取引もSXへ

飛島建設
イノベーション推進部 システムグループ 部長
小澤 敦氏

場所

ヤマコーホール

山形市香澄町3丁目2-1山交ビル7

料金

無料

主催
イベントURL
紹介

≪企画趣旨≫
2024年4月に猶予期限を迎えた建設業界の「労働時間の上限規制」により、原則残業は月45時間かつ年360時間の上限が罰則付きでの適用が開始されました。深刻な人手不足、担い手の高齢化が足かせとなっている建設業界では、働き方改革の推進やデジタル技術を活用した省人化、省力化、機械化など、労働環境の改善、生産性向上への取り組みが加速しています。

殊、バックオフィス業務の効率化に目を向けると、建設プロジェクトでは、スケジュール管理、タスク管理、社内外におけるコミュニケーションなど、日々多くの情報がやり取りされる中、デジタルツールの導入により、これらの情報を効率的に管理し、リアルタイムで共有することが可能になるなどの成果が出ています。

また、設計図面、仕様書、契約書などの大量のドキュメントが発生するため、これらをクラウドベースのドキュメント共有システムに統合することで、情報の共有、検索、バージョン管理などを効率化し、現場や関係者間でのドキュメントへのアクセスを容易にするなど、2024年問題克服に向け業務効率化、標準化への取り組みに期待が高まっています。

本カンファレンスでは、「長時間労働是正、担い手不足解消に向けた、DX推進&AI活用の可能性 」をテーマに、建設現場で実際に行われている取組事例、課題克服のためのチャレンジ、留意すべき点、働き方改革の成果の共有などの考察を通じ、目指すべき建設業界の未来について展望をできればと存じます。